借入をして助かりました

借入をして助かりました

病気をしてしまった事で、働けない身体になってしまっていた時期が有りました。アルバイトだったので、福祉的な所でも援助を受けることも出来ず、アルバイトを休んでいる間の収入が無くなって、生活に困ってしまいました。

 

ライフラインは本当に止められてしまうんだというのをその時に実感しました。水まではとめられることはありませんでしたが、電気は止められてしまうところまでいきました。銀行で借りられるようなそんな知識もありませんし、収入もない状況だったので、最初はクレジットカードのキャッシングを利用して借入をしていました。しかしその借入額は限度額が低く設定されていたため、すぐにお金は底をつきてしまいました。

 

そこで所謂街金というところで借りる事にしました。ティッシュが配られいて、そこに記載されていた番号にかけてみて、借入の審査をする流れになりました。店舗型で、ネットなどで申し込んでも結局お店に行かなければならないシステムのようでした。緊張しましたが、審査は保険証を使って行いました。他からは借りていなかった事もあり、借入することができました。

 

とにかく金利が他よりも高かったので、そのお金を返す事にしばらく頑張りましたが、助かりました。